青汁の効果的な飲み方は?目的別の飲み方を紹介

青汁は薬ではありませんから、飲む量やタイミングなどには決まりはありません。他の食べものと同じで飲み過ぎるのは良くありませんが、基本的には自分が飲みたいと思ったら飲んで大丈夫です。

 

ですが、わざわざ青汁を飲むということは、健康促進や便秘の解消、ダイエット効果など人それぞれに飲む目的があるでしょう。青汁は飲み方次第で栄養素の効果を高め、より効率よく目的を達成することができるので、自分の目的にあった飲み方を覚えておくといいですね。おすすめの青汁サイトから、青汁の効果的な飲み方を目的別でご紹介します。

 

健康効果の高い青汁の飲み方

青汁の健康効果は、便秘解消や睡眠の質の向上、免疫力を高めるなどの効果が挙げられます。便秘解消の目的で飲む場合は、寝起きもしくは就寝前に飲むのがおすすめです。体内リズムで考えると午前中は排出の時間になるので、食物繊維をたっぷり摂ることで、排便機能を促進することができます。

 

睡眠の質を上げたいのであれば、就寝前に飲むといいでしょう。青汁にはカルシウムがたっぷり含まれていますが、カルシウムにはリラックス効果を高める働きがあります。寝る前に飲めばリラックス効果によって副交感神経の働きが優位になり、質の高い睡眠を得られますし、ストレスも緩和されます。

 

免疫力は、便秘を解消したりリラックス効果を得ることで高められるので、便秘の方は朝、睡眠障害がある方は夜に青汁を飲むことで免疫力をアップさせることができるでしょう。

 

美容効果を高める飲み方

青汁にはビタミンやミネラル、アミノ酸など肌に良い成分がたっぷり入っていますし、食物繊維によってデトックスも促進されるので美容効果も得られます。その効果を高めてくれるのが豆乳です。豆乳には、女性ホルモン様似作用を持つ大豆イソフラボンが豊富に含まれています。
女性ホルモンは肌の水分を保持したり、髪を艶やかにする働きがあるので、青汁を豆乳で割って飲むと相乗効果によって肌トラブルの改善やアンチエイジングが期待できます。

 

ダイエットのために飲むという場合は、100%の野菜や果物のジュースと併せてみましょう。野菜ジュースなどに含まれる酵素が、青汁の栄養素を活性化してデトックス効果を高めてくれますから、肥満解消やむくみの改善、脂肪燃焼効率のアップなどに役立ちます。

 

また、青汁には食物繊維がたっぷり入っているので、食事前に飲むと満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐことができます。さらに食事前に食物繊維を摂ると、血糖値の上昇を緩やかにして肥満ホルモンが分泌されるのを抑制する効果も得られます。このように飲むタイミングや飲み方で青汁の効果の出方が変わるので、目的にあった飲み方を心がけましょう。